巡ろう西国街道

西国街道とは?

江戸時代に、京都と下関を結ぶ山陽道を、広島藩では「西国街道」と呼んでいました。
当時の五街道(東海、中山道、日光道、奥州道、甲州道)に次ぐ規模を誇り、
道幅は2間半(約4.5メートル)もありました。今も、往時をしのぶ歴史的な建造物が点在しています。

西国街道

巡ろう西国街道

出雲石見街道の分岐点

分岐を示す道標は、現在、空鞘稲生(そらさやいのう)神社の境内に。

広島市道路元標

元安橋の東詰に植栽に隠れてひっそりとたたずむ石柱。

本通の賑わい

本通りに埋められている西国街道の町名などの銘板(9ヵ所)を探そう。

中の棚橋遺跡

金座街から中の棚に至る旧堀川・平田屋川を渡る当時の石橋の遺構が地下に残っています。

広島城八丁堀外濠跡碑

かつて広島城の外堀がこの場所にあったことを示す碑。

昔の絵地図を見ながら散策できる
アプリ「城下町広島ぶらり」

「城下町広島ぶらり」は、携帯端末で昔の絵地図や写真、解説などを見ることで、時代の移り変わりを感じながら散策できる、まち歩き支援アプリ。QRコードを読み取るか、「App Store」「Google Play」から「広島ぶらり」で検索し、ダウンロードを。

※アプリは無料、ダウンロード・ご利用には別途通信費用が発生します。